豊中市の民事信託|司法書士

電話番号電話番号
お問い合わせお問い合わせ

大阪・豊中市での民事信託に関することなら
村田司法書士事務所へ

民事信託

一般の人々が利用できる財産管理及び財産承継の制度です。
自分の財産を託す相手が信頼できる家族や知人であることが大きな特徴です。

事例① 認知症対策

実家の名義人である親が施設に入所した。
親は今後実家の売却を予定していたが、今すぐには売却しないからと思っている内に認知症になった。
売却するには成年後見手続が必要であるが(場合によっては売却についての裁判所の許可も必要)、
手続には時間がかかるし子が成年後見人に選任されるとは限らない。

 ⇒ 入所時など意思能力がしっかりしている段階で、民事信託を活用することで売却手続がスムーズに進んでいたかもしれません。

事例② 親なき後の子の生活支援

法定後見事由に該当しない障がいをもつ子がいる。

 ⇒ 民事信託を活用することで、子に残す自宅を含む財産の管理を第三者に任せることにより、
  
子の生活支援をはかることができます。

当事務所ではお客様の声をお聞きした上で、最適な信託の組成をサポート致します。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

主な取扱い業務
相続
遺言書作成
成年後見
民事信託
債務整理
離婚
トップ
事務所概要
アクセス
手続費用
お客様の声
お問い合わせ